国頭旅行

さてさて。
今回は何年かぶりに沖縄県の北部。通称山原(やんばる)と言われる国頭村・東村・大宜味村に行ってきました。
ちゅら海水族館ができてからというもの、北部でも観光客を見かけるようになりましたが、彼らが訪れるのはせいぜい
名護市・本部町、頑張って今帰仁村くらいまで。

それ以北となると、あまり観光客は見かけなくなります。

逆に言うと、県内では比較的観光地化が進んでおらず、地元の人たちが静かに生活している場所です。
あくまで私見ですが。東村にいたっては、県内で唯一コンビニがない県だとか。

今回は仕事と家族とで2回北部を訪れました。
まず東村の福地ダム。県内最大級のダムです。大きかった…。
e0041669_00243489.jpg
かつては、ダムの底に集落があったとか。立の退きを命じられた人はつらかっただろう
な~と思いつつ、道を走っていると、、、、

e0041669_00273579.jpg
久しぶりにハブに遭遇。既に死んでいましたが、おそらくそんなに時間は経っていないはず。
おそろしや~。
e0041669_00274835.jpg


e0041669_00275908.jpg
近くにはイノシシを飼っているところも発見。東村…。
ヒルギ林だけでなく、こういったところも見どころの一つですね。

e0041669_00281383.jpg
そこから西に移動して大宜味村に向かうと、何と近代建造物の重要文化財「旧大宜味村村役場庁舎」があるのです。

e0041669_00291457.jpg


e0041669_00282454.jpg


e0041669_00284276.jpg

e0041669_00283388.jpg

e0041669_00285769.jpg

県内で最も古いコンクリート造りの建造物とのこと。かつて村役場として使用されて
当時としては画期的な形と建築方法だったそうです。

昔は人口も少ないから、これだけ小さい役場でもどうにかなっていたんですね。
今見ると、すごいモダンな感じでオシャレですよね。大正ロマンって感じします
よね。

たまには文化的なものを見ることができて、非常に有意義な一日でした。

e0041669_00505993.jpg





11/24~11/26は那覇市立壺屋小学校で陶器祭りもありました。

これは、沖縄県の代表的な焼物である壺屋焼をアピールする祭りで、那覇市内外から多くの方々が
陶器を買い求めにきます。

それだけでなく、カーミスーブという陶器を早く美しく作るリレー形式の勝負や、小学校のPTAが
出店をしたり。さらには、博物館の出前展示もあったりと、壺屋焼を知ることのできる面白い祭りです。





[PR]
by iju0516 | 2017-11-30 00:57 | Comments(0)

続々と結婚していきます。


by iju0516